不動産投資入門 投資前後に抑えておくべきポイント

> 不動産売却・査定価格はこの方法が必須の時代
リフォーム業者を探している方必見 無料であなたの目的に合わせた業者が見つかるかも!?

不動産売却・査定価格はこの方法が必須の時代

家を売るということは不動産投資をしている方もそうでない方も
1社にまるなげしてはいけない。
という前提で考えたほうが良いと思います。

大きな取引ほど今までの人間関係や知り合いの不動産会社ということは無視
したほうが良いと思います。なぜならば以下の様な差がでる可能性があるからです。

不動産査定会社の見積もり額

  査定金額 あなたとの関係
A社 3,500万円 新規取引
B社 3,300万円 新規取引
C社 3,200万円 知り合い

比較をすれば一目瞭然ですが知り合いよりも新規取引の不動産会社が 200万円も高く買い取りを希望して来たら100人中99人は高く査定を希望した 業者に依頼をすると思います。 実際にこういった事例は多く存在しますから1社だけは危険なのです。

お人よしすぎる方はどうぞ知り合いに売ってしまいましょう。

楽して高く売るなら無料で不動産会社を競わせる
一括査定サイト利用が必須

ではどうすればという話ですが無料の一括(複数の不動産会社に)査定依頼を 出すことができるインターネットサービスを利用することが得策といえるでしょう。以下ご覧ください。

イエイ不動産売却査定
不動産会社1,000社が参画。利用者150万人以上の一括査定サイト。

O-uccino(オウチーノ)
不動産会社450社が参画。不動産総合サービスを行っている。

他にも一括査定サイトはありますがこのあたりが実績があるサービスです。 無料のサービスなので利用後、家を売らなくても問題はありませんので 家を売ろうかと検討段階の人。不動産投資の利回りが芳しくないので売却してしまおうかと考えている人なども利用可能です。

家、事務所、土地を手放す理由と条件がマッチしたら売る

まず適当に家や土地などの不動産を売るということはしないかと思います。 しかし実はまだ価値があるのに、現在住んでいる家を少し改善すれば満足するのに わざわざ安い金額で家を売ってしまい、近場の高値の新築マンションに引越しを した。ということもあるかと思います。

投資でなく住替えを検討なら改築等も検討範囲に考えてみる

新築が相場で考えて当然ですが一番高く取り引きをされます。 海外では物価が右肩で伸びているという国もありますが、中古物件だから 極端に値打ちが下がるというほうが少ないです。(国にもよりますが) こういった日本の文化的な面もあるかと思いますがやはり日本人は 中古物件よりも新築に住みたい。という願望がある気がします。

しかし、本来は家に対する機能(デザイン性も含む)が一番大切な 要素ではないでしょうか。

リノベーション投資をしようという記事も書いていますが、 最近ではリノベーション物件も見直しはされていますね。

これは純粋にデザイナーズ物件であったり、古民家の改修であったりし広さがある。 値段の割に良物件である。新築を買うよりもリノベーションのほうが良い。 という明らかなメリットがあります。

住替えを検討している方はこういった選択肢もありかなと思います。 土地は良いのだが設備的に古くなってしまったからとか、例えばお子さんが巣立って 手広くなってしまったとかの場合は、家を売るのと立て替えて投資物件を作るとか 結構選択肢はありますね。

結論として好条件の選択はいずれも一括査定が必須

・リノベーションして既存の家に住む

・現在の物件を改築して投資物件にし他の家に住む

・現在の家を売り、賃貸や他の物件に住替える

こういった選択肢からどれを選ぶかは自由ですが結局 どれを選ぶにしても不動産会社の一括査定は必須になりましたね。 結論としては、どういった方向性で動くかが決まったとしても まずそれぞれの価値を数字で落としこまなければいけませんので まず今の家等の不動産の価値を知っておかねばなりません。

悩むよりも無料のサイトですので先ほど紹介したところを 使っておくことをお勧めいたします。

リフォーム業者を探している方必見 無料であなたの目的に合わせた業者が見つかるかも!?
COPYRIGHT© 2014 不動産投資入門 投資前後に抑えておくべきポイント ALL RIGHTS RESERVED.